Kapital | Spring 2013 “Hooligan Ivy”

Kapital Spring 2013 Hooligan Ivy

Kapital Spring 2013 Hooligan Ivy

This is the 33rd book for Kapital. “Hooligan Ivy” is a continuation of the new direction Kapital is going with their style. Incredible leather jackets that are as hard as Edinburgh alleyways, rugby stripes, deadly sweatshirts, elegant paisleys, and countryside shooting jackets are some of the offerings this season. Keep an eye out for hand-stitched paisleys, brass bandana holders, detailed socks, and refined scarves. This is going to be one of the classics for sure.

Forward by Eric Kvatek

“What I find interesting about the two most recent Kapital books (Budapest and Scotland) is the combination of urban European locations and the line being more sophisticated and elegant.

We’ve shot in cities before (Bangkok, NYC, Rio De Janeiro) but our angle was fairly vintage, rugged and classic Kapital.

…I never felt like I’m shooting a clothing catalog. Rather, I felt like I was making a movie.

Something that excited me in particular about shooting in Scotland was that the location, the clothing, the models and the props that I collected really fit together and made sense aesthetically so that as I was shooting it, I never felt like I’m shooting a clothing catalog. Rather, I felt like I was making a movie.

So while I was casting, there were some beautiful people I could have chosen that I passed on because to me they did not fit in my “film”.  For example one of the main guys is a police officer in his normal life, another guy we used Bradley Welsh, is a notorious hooligan and fighter and appears on a British documentary Britain’s Deadliest Men.

So it is kind of refreshing and exciting to do something a little different with these European books.  The difference may be subtle, but at least for me, it is quite noticeable.  Furthermore, being based in a thriving city only helps maintain the camaraderie and excitement necessary to keep the shoot moving along. Because we do use local people as models, each night out also becomes a street casting session, or additional location hunting, or prop hunting.

When we shoot in a place like Iceland or Tanzania there might be a 2 or 3 hour drive… and I’m often driving!!!  So in Scotland, we finished shooting I only had a 10 minute drive home. we actually had time to eat, hit a pub and sleep more than 2 or 3 hours.

It was awesome!”

Also please check out the sneak peak at the Kapital Global Site.

既に33冊目となるKapitalのカタログは、その名も「HOOLIGAN IVY」。

独自のスタイルを昇華させ、新たな方向性を提示しているKapitalですが、今季ラインナップからも秀逸品がずらり勢揃い。エジンバラの路地裏や英国カントリーを連想させるようなレザージャケットやハンティングジャケット、ラガーシャツやスウェットシャツ、洗練されたペイズリーなど、言い始めたら切りがありません。中でも私が注目しているのが手縫いのペイズリー、真鍮製のバンダナホルダー、毎度の事ながら芸が細かい靴下やスカーフです。兎に角、今季は名作になること間違いないでしょう。

以下は写真家 Eric Kvatek—

“ここ最近のカタログ2冊は、Kapitalが打ち出したテーマとそれに沿ったロケーション(ブダペストとスコットランド)が、より上品で洗練されていた感じで面白かった。

過去バンコク、ニューヨーク、リオデジャネイロなんかでも撮影したけれど、今と比べると未だその頃はビンテージ色の強いラギッドでクラシックなKapitalの方向性が全面に出ていたね。

特に今回はカタログ用の撮影という感覚が全くなくて、まるで映画を撮っているようですごく興奮したんだ。スコットランドという舞台、衣装、モデル達、それに自分で集めた小道具が、脚本に見事にマッチしていたんじゃないかな。

モデルのキャスティングも見た目の美しさだけでなく、常に“この映画”に相応しい俳優かどうかで決めていたと思う。選ばれてもおかしくないモデルが他にもいたんだけどね。例えば今回主役級だった男性は現役の警察官だし、Bradley Welshって奴も起用したんだけど、そいつなんか実は「Britain’s Deadliest Men(英国で最も凶悪な男)」っていうドキュメント番組に登場した事もある筋金入りのフーリガンなんだ。

だからヨーロッパを舞台にしたこの2冊は本当に新鮮だったね。これって読者には微妙なことかも知れないけど、作ってる方にとってはすごく大きいよ。

それに魅力的な都市を舞台にしていると、それだけで気合いが入るっていうか、クルー全体が結束して撮影もスムーズなんだよね。更に言うと、モデルも小道具も現地調達みたいなものだから、毎晩街へ繰り出してはロケハンとかしてたなぁ。

アイスランドとかタンザニアで撮影してると、移動に毎回2〜3時間掛かるだろ。運転しっ放しだよ!でもスコットランドでは、撮影が終わると10分で家に帰れるわけさ。そしたらその2〜3時間を美味しいもの食べたり、バーで飲んだり、睡眠にあてたり出来るもんな。

もう最高だったぜ!

*翻訳:K. Ito. (Special thanks to K. Ito for his translation to Japanese)

Kapital Spring 2013 Hooligan Ivy 1

Kapital and Autumn 2012 | Beni-iro in Gion and Higashiyama – Kyoto

Gate

“Autumn…the year’s last, loveliest smile.”
― William Cullen Bryant.

Autumn is surely in the air here in Japan, and with the changing colors it is time to enjoy the natural red hues that mark it.

日本はもうすっかり秋の気配が漂っています。紅葉が進むこの時期は特に、ワードローブにも赤を取り入れたいですね。

紅色, Beni-iro is a beloved Japanese vermillion. There are many shades of red. Natural reds are found in madder, cinnabar, ocher, and safflower (these being the most frequently used). This sultry red is nature’s way of foreshadowing the coming winter. A crimson curtain falling on the last breath of a slow seasonal death. Kapital uses quite a few of these wonderful colors in their autumn/winter lines. This year they did a kenka shirt in this intense red check.

紅色というと日本人には馴染みの深い特別な赤ですが、赤にも色々あります。自然の中にも、アカネやベニバナといった植物はもとより、アースカラーと呼ばれる辰砂や黄土など。自然が造り出す美しい赤は、私達に冬の訪れを告げてくれているかのようです。まるで舞台の最後に幕が下りるように、秋の終わりを静かに彩る赤。そんな赤はKapitalの秋冬モノにも毎年よく使われますが、今季は赤を基調としたチェック柄が印象的な“喧嘩シャツ”が登場しました。

The various earth tones and blue-hue mixed with the red are fun and stylish. The name we chose for our second child is “Benika”, in Japanese it means safflower. So as a sort of celebration of her birth I wanted to feature this fantastic color.

アースカラーとブルーのグラデーションに刺激的な赤が加わると、楽しくもスタイリッシュな雰囲気を醸し出します。奇しくも私は第2子を「ベニカ」と名付けました。もちろん紅花に由来した名前です。この季節に生まれた娘だからこそ、この季節が生み出す美しい色を入れたかったんです。

I really love the beni-iro mixed with indigo hues. The combination is stunning and Kapital really utilized these two colors well this season.

私は紅色とインディゴの 組み合わせが大好きです。相性抜群のこの2色は、Kapitalの今季ラインナップにも多く取り入れられています。

The standard “Old Man and the Sea” cap in denim, was reworked by the guys at Kountry. The light indigo hue mixed with the subtle details of beni-iro are shibui. The boro aesthetic of the hat looked at home amongst the old machiya of Gion.

定番の「老人と海」デニムキャップもKountryの手に掛かればがらりと表情を変えます。色落ちしたインディゴからのぞく紅色って渋いですよね!襤褸(ボロ)っぽい風貌が特徴のこの帽子は祇園の古い町並みにもよくマッチしていました。

*Thanks to Michael at Kyoto Foodie for taking the pictures.

* Special thanks to K. Ito for the Japanese translation.

Please also check out the interview I did with Stylesight recently, here.

ブログを読んでくれている皆様へ

ブログを読んでくれた方から感想メールを受け取る度、何かをやり遂げた!という達成感に包まれます。ちょっと大げさだけど、自分の興味があるものを世界と共有するために、このブログを始めました。これが言語や距離の弊害があって”日本のもの”を敬遠している人達を触発するきっかけになればいいなぁと願っています。かっこよく言えば、ブログを読んでくれている方々と自分の興味の架け橋になれればなぁと思っています。

 

“共有してくれてありがとう”という考え方が本当に好きです。こんな感想メールを受け取ることがあるんだけど、これほど嬉しい感想は本当にありません。誰かが私の興味あるものに興味を抱いてくれてということは、きっとそれはその人達が私の興味あるものに共感を持ってくれて、そして私のアイデア、好きなものを少しでも理解してもらえたからかなと思うからです。私のブログの記事は紛れもなく私の情熱で、私のアイデアそして多様な興味の収集場所です。

 

このブログのタイトルのバンダナはその多様性のシンボルです。バンダナの形は一緒だけど、デザインも色もバリエーションもとても多様です。私のブログは私の様々なアイデアやストーリのコレクションで、正に私にとってのバンダナのようで、みんなが全てのバンダナを気に入るということがないように、全ての記事がみんなに受け入れられるわけではなく、でも、一つでも誰かの琴線に触れる事ができれば、幸せです。ブログを読んでくれている方々が何か記事の中から感じとって、そして自分なりにそれを捉えて、色々な方向や物に繋げていってくれれば。。。というのが願いです。

 

“Almanac”は事実と参照の類義語です。日本語訳では”暦”となっています。”暦”には色々必要な情報が書き込まれてあり、”生活暦”、”航海暦”、”航空暦”等それに特化したものがあります。私のブログは私が好きなものの”暦”のようなもので、明らかに万人用ではなく、とてもマニアックです。ただ、世間ではアウトサイダーとよばれる人々が主流に刺激を与えていて、私は、アウトサイダーのアイデアやそう分類されてる人たちに夢中です。

ここはある意味、ブログを読んでくれている方々とそのアウトサイダーのアイデアをシェアできる場所なのかもしれません。